Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / ボンサイラボ主力モデルが「BS01+」を1万円値下げ
FireShot Screen Capture #058 - 'BS01 PLA Model|Bonsai Lab' - www_bonsailab_asia_plamodel_html
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボンサイラボ主力モデルが「BS01+」を1万円値下げ

ボンサイラボ株式会社は、熱溶解積方式の3Dプリンタ「BS01+ ABS/PLAモデル組み立てキット(シングルノズル)」の1万円値下げをしました。
今回の値下げで税込・送料込みで8万9800円の新価格となります。この製品は、「BS01+」の中でも最も人気が高く、加熱式テーブルが必要なフィラメントに標準装備で対応し、ABS樹脂とPLA樹脂のほか、柔らかい材料や高機能フィラメントも使用できます。

今回の値下げは、より一層の国内での3Dプリンタ普及を加速させたいとの同社の想いが形になったものだそうです。
話題になったデアゴスティーニの「週刊マイ3Dプリンター」が第55号で当初予定の完結号まで到達し、付属パーツで組み立てられる3Dプリンタ「idbox!」の監修を担当したボンサイラボ株式会社には、ヒートベッド付きのABSモデルについての多くの要望が寄せられた。これを受けて、“2台目の3Dプリンタ需要”に応えるために、今回の値下げが実現したというそうです。
パーツ点数を減らすことにより、組み立て時間の短縮が実現されていることも大きな特徴で、より幅広い層に、3Dプリンタの構造を学びながらつくる機会が広がりますね。

【製品概要】

造形方式      :熱溶解積方式(Fused Filament Fablication)
本体サイズ     :縦250mm×横250mm×高さ275mm
重量        :5.04kg
最大造形サイズ   :幅150mm、奥行き130mm、高さ100mm
ノズル径      :0.4mm標準(0.2mmから0.5mmの全4種類)
積層ピッチ     :0.1mm推奨
各軸の理論分解能  :z軸 0.3ミクロン(0.0003mm)、
xy軸 14ミクロン(0.014mm)
造形スピード:    ヘッド速度(造形時速度) 100mm/sec
トラベル速度(空送り時速度) 200mm/sec
対応OS       :Windows 7以上、Mac OS X
対応ソフトウェア  :Repetier Host, Cura, Simplify3D(有償$140)

本体カラーバリエーションはオフホワイト / フレッシュベリー / アクアブルー / アップルグリーン / ウォームグレー / パーシモンオレンジ / インディゴブルー / コバルトグリーンの全8色。

参考:

「BS01+」製品ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です