Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 超高精細!ディズニーのキャプチャ技術
High-Quality-Capture-of-Eyes-Image-1024x160
このエントリーをはてなブックマークに追加

超高精細!ディズニーのキャプチャ技術

High-Quality-Capture-of-Eyes-Image-1024x160

上の画像、かなりショッキングな画像になってしまいましたが、SIGGRAPH ASIA 2014でも紹介されていたディズニーリサーチの新技術「High-Quality Capture of Eyes」のものです。

 

 

ディズニーリサーチとスイス連邦工科大学による研究チームは、6台のカメラ(Canon 650D)と明るさの異なるLEDライトを虹彩にあて、それに反応する虹彩の変化をシミュレートできる眼球のデータを生成する技術を発表しました。

 

単純なガラス球形状とは異なり、表面から虹彩の細かな形状、内部に至るまで、キャプチャした情報を元に再現されていて、しかも、データは強膜・角膜・虹彩に分割されてます。

 

動画でもわかるように、光に反応して変化する瞳孔の様子などがとてもリアルです。

 

眼の再現は、人物CG製作などにも欠かせません。映画など映像分野では、俳優をスキャンしCGモデル化することも多くなってきましたが、いっそうリアルが増しそうです。

 

光彩は、個人を特定する重要要素の一つで、生体認証などにも使われるイメージがありますが、この技術がさらに進めばもはや役に立たなくなってしまうかもしれませんね。

 

 

こうした3Dプリンティングの新しい技術、そして素材の幅が広がれば、医療分野はもちろん、いままでの常識では思いつかなかったようなものも生まれるかもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です