Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / より高い強度・軽量化!生体構造をヒントにした航空機部品が3Dプリンタで実現
生体構造2
このエントリーをはてなブックマークに追加

より高い強度・軽量化!生体構造をヒントにした航空機部品が3Dプリンタで実現

2015年12月2日、米Autodeskと航空機製造大手の仏Airbusは共同で取り組んできた3Dプリント製造されるキャビン用パーティション「バイオニック・パーティション」を公開しました。

 

両社が開発した「バイオニック・パーティション」とは、生物の細胞構造や骨の成長過程を模した、つまり生体構造のデザインを生成する独自アルゴリズムにより設計され、AM(アディティブマニュファクチャリング)技術により製造されたものです。

 

製造には、AMや新素材の開発などを手掛けるエアバスの子会社APWork社のアルミニウム・マグネシウム・スカンジウム合金「Scalmalloy ®」という高性能合金を採用しています。Scalmalloy®は、3Dプリントを前提に開発されており、これまでにない弾力性など、優れた性能を備えます。

生体構造1

 

強固かつ軽量なマイクロラティス構造になっており、従来のものと比較して、約45%(30kg程度)の軽量化を実現します。また仮に、今後製造する予定のA320型機の全てに、これを適用した場合には、毎年で46万5000tのCO2を削減可能で、削減総量は1年間で9万6000人分の乗用車のCO2排出量に相当するといいます。

 

特殊な肉抜き加工や重量制限などの厳しい構造上の要件が求められる航空機部品においてこの数字は驚異的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です