Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 韓国空軍、戦闘機の部品も3Dプリント
Controlling the sky
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国空軍、戦闘機の部品も3Dプリント

 

2015年11月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国空軍が最新鋭戦闘機F-15Kのエンジン部品の一部を3Dプリンターで製造しているという。

 

11月5日に韓国国防部が入手が難しい外国製の部品や生産中止になった部品を調達するのに3Dプリンターを活用し、3Dプリント技術の活用領域を段階的に広げ、国防分野の効率性を高めるとともに軍と民間の協力活性化にもつなげたいと発表していましたが、その続報です。
「3Dプリンタが利用されたのは、F-15Kに搭載されたF110エンジンの高圧タービンカバー14個。

高圧タービンカバーは高温高圧の燃焼ガスの通路の役割をする部品で、年平均10個程度必要となる。

新品購入の単価は4000万ウォン(約430万円)で、これを国外から調達すると60日かかる。

しかし、3Dプリンターでこの部品を製造すると、単価は300万ウォン(約32万円)で部品調達期間も20日となる。今年は部品価格のみで、3億700万ウォン(約3300万円)の予算が削減された。」

 

先日の報道では、「輸送機のスピーカーカバーを3Dプリンターで製作し、欧州製のため本来なら交換に70万ウォン(約7万5000円)ほどの費用と7か月の期間が必要なところ、3Dプリンターなら3万~4万ウォンあれば4~5時間で製作でき、練習機の継電器カバーも同様に製作し、300万ウォンの交換費用を節約した。
陸軍もヘリコプターの蝶番(ちょうつがい)など19の部品製作に3Dプリンターを活用する計画だ。」とのことでした。

 

スピーカーカバーはともかく、銃火器など非常に高い精密性・耐久性・安全性などが求められる部品は再現可能なのでしょうか。

すでにF35戦闘機などでは、900近い数のパーツが3D プリンタで作られているそうですが、重要なパーツにはほとんど使われていません。

韓国軍、ひいては韓国のプレゼンスを高める目的もあるでしょうが、気になるところです。

軍事利用は喜ばしいことではないかもしれませんが、再現可能であるならば3Dプリンタの可能性はさらに拡がります。韓国軍の今後に注目です。

 

参考:

韓国軍 兵器の部品製作に3Dプリンタ活用(ソウル聯合ニュース,20151105)

韓国空軍、戦闘機の部品を3Dプリンターで製造=韓国ネット「形はいいけど質は大丈夫?」「これって軍事機密じゃないの?」(Record China,20151128)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です