Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / そのまま3DプリントでOK!ディズニーが多脚ロボの自動設計ツールを開発
FireShot Capture 12 - Interactive Design of 3D Printable Robotic Cr_ - https___www.youtube.com_watch
このエントリーをはてなブックマークに追加

そのまま3DプリントでOK!ディズニーが多脚ロボの自動設計ツールを開発

ディズニーの研究機関 Disney Research が、複雑な歩行ロボットを誰でも簡単に設計できるシステムを発表。

チューリッヒ工科大の Vittorio Megaro、ディズニーリサーチのBernhard Thomaszewski、Maurizio Nitti、カーネギーメロン大学(CMU)のStelian Coros らがシステムを開発。

 

足歩行から五本足まで、関節の数や体型、歩き方の個性などを簡単な GUIでカスタマイズすれば、歩行モーションを自動的に生成してくれます。

IK (インバースキネマティクス)は、ゴールを指定して複雑な関節の動きを生成するもので、現実のロボット工学でも、CGアニメの振り付けでも重要な手法です。

それを、ディズニーリサーチのシステムは部分的なカスタマイズを反映しつつ複雑な歩行を自動生成する簡単な入力インターフェースとして進化させました。

FireShot Screen Capture #019 - '' - www_disneyresearch_com_wp-content_uploads_Interactive-Design-of-3D-Printable-Robotic-Creatures-Paper

そのまま3Dプリンタ用のデータとして出力可能で、市販のサーボーモーターを加えるだけで、設計そのままのロボクリーチャーが実体化します。

skitched-20151125-141510

 

現状では、動物が走るときのようにすべての足が地面から離れるような走り方ができず、演算効率の事情から歩行モデルと実際の動きに多少の差があり、条件により不安定になります。

また、デザインしてくれるのは足運びのみなので、段差を乗り越えたり障害を察知したりはできないそうです。

 

 

参考:

元論文 Interactive Design of 3D-Printable Robotic Creatures 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です